プロミスの審査に落ちた理由は?

当たり前の話ですが、誰でも無条件でキャッシングでお金を借りられるわけではありません。まず、プロミス審査にパスしなければなりませんが、何らかの問題があるとプロミス審査に落ちたケースも珍しくありません。その理由としては、希望額が大きすぎて、総量規制に引っ掛かっている場合や、他のキャッシングやローンを延滞した経験があるケースが挙げられます。 後者の場合は、信用情報機関に記録が残されますから、身に覚えのある方は一定期間が経つまでプロミス審査に通過しにくくなります。うっかりカードローンの返済を遅らせてしまったら、カードローン会社からの連絡が自分の携帯電話に、もしくは、自宅の電話に掛かってくるでしょう。 その時に延滞分の支払い可能日を報告しておけば、約束した支払日までは連絡は一切来ることはありません。 ご存知の方もいるかもしれませんが、貸金業法で決められていますので、催促の電話が連日掛かってくるようなことはありませんから安心してください。

でも、もし連絡した次回の支払日も遅れてしまった場合は、どうなるかは分かりませんので、きちんと返済するようにしてください。 当たり前のことですけど、カードローンでは借りる金額や期間に対して金利が設定されています。どのくらいの金利になるかは業者が決めていますが、ほとんどの場合、融資が高額であるほど低い金利になっていきます。 この金利は一定ではなく、数万円程度の借入の時には、高金利での融資が普通です。 それに、この金利は日割りで発生します。 休日に彼女と自分の友達のカップルとダブルデートをしていて途中で立ち寄ったお店で財布を確認すると現金を入れ忘れてた!という経験がありました。金融機関は休日でやっていないし、どこかでお金を借りれるか?と心配になりながらもプロミスで無事に必要な分だけ借りれました。 こんなことになる前までは、休みの日でもキャッシングが利用できると全く頭の中でも想像していなかったので、キャッシングが普段と変わらず、1年中利用可能なことが解って手軽に利用でき、便利なサービスだと思いました。